Top > カクテルとは

カクテルとは

カクテル(英語:Cocktail )とは、主にベースとなる酒に、他の酒またはジュースなどを混ぜて作るアルコール飲料のことです。日本語では「混酒」と呼ばれています。複数の飲料を混ぜることで独特の味、フレーバーを作ります。
ベースとなる酒には、ウィスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラなどのスピリッツ類を使うことが多いですね。最近ではリキュール類もよく使用されています。
※ アルコール分を含まない、もしくは1%未満のノンアルコールカクテルもあります。
ビールやワインに、蜂蜜やジュース、スパイスなどを混ぜて飲みやすくすると言うことは、酒の誕生した頃から行われてきたらしく、そういう意味でカクテルの誕生した時期は正確には解っていません。
ただし現在のようなスタイルのカクテルが出来上がってきたのは、製氷機が発明された18世紀産業革命以降だと言われています。
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
カクテルとは(2009年6月20日)
カクテルの歴史(2009年6月20日)
食前に味わうカクテル(2009年6月20日)
1人で味わうカクテル(2009年6月20日)
彼女と楽しむカクテル(2009年6月20日)