Top > カクテルの歴史

カクテルの歴史

カクテルの歴史は酒類の誕生と同時だと言われています。
古代ローマではワインに混ぜ物をして、古代エジプトではビールにハチミツやショウガを加えて飲んでいたといわれています。
中世(12~17世紀)ヨーロッパではワインやスピリッツ類に薬草などを入れて暖めて飲むホット・ドリンクが流行、さらに蒸溜酒の技術が普及するにつれてレシピが増え社交界にもカクテルが浸透しましたが、この頃はまだ川や湖に張った氷を用いていました。
現代式のカクテル=「器具を使って作る氷で冷やしたミクスト・ドリンク」となったのは1879年の製氷機の発明以来です。最初にカクテルが花開いたのはアメリカでアメリカ人によって第一次世界大戦とともに世界に普及し、第二次世界大戦が終わるとヨーロッパでも盛んに作られるようになりました。
日本でカクテルという名前が知られるようになったのは大正元年、下町にバーが出現してそこで飲めるようになってからです。

 

 携帯のエミュレーター  クレジットカード  旅行
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
カクテルとは(2009年6月20日)
カクテルの歴史(2009年6月20日)
食前に味わうカクテル(2009年6月20日)
1人で味わうカクテル(2009年6月20日)
彼女と楽しむカクテル(2009年6月20日)